過食とダイエット(1)

この件は4月の健康診断でめでたくメタボ認定を頂いた時点で草案を作っていたのですが、なかなか文章がうまくまとまらず、今日になってしまいました。

健康診断の時点で86kg(身長168cm←若い頃より2cm縮まってます)ほとんど筋肉じゃ!と叫んだところで医学による数値に叩きのめされました。メタボの基準やコレステロールなどについては専門家の間でも議論百出のようですが、言い訳無用!減量すればいいだけの事なので不言実行(話す相手がいないだけ?)あるのみ。本日7、8年振りで80kgを割り、78kgになりました。やれば出来る子(じじい)なんです!

ちなみに人生マックスは88kgです。もう6年前になるんですね。リストラされて半年で到達しました。

失業中は毎日30km以上は自転車で走り、その他筋トレもやって、その有り様。どんだけ喰ってるんだ?という話ですね。1日に4~5千Kcalは取ってましたね。

リストラされるまでは1988年(昭和63年)から食事記録を付けてました。食べた物とカロリー、たんぱく質量の計算をして記録してました。レコーディングダイエットなんて言葉がない頃からです。確かに記録する事で抑止力にはなりますね。

リストラされた事で人生すべてをゼロクリアしたい気分になり、食事記録はかなりの量でしたが廃棄しました。その時には何度も悩みました。でも、とにかく再出発の為には過去を引きずりたくないという気持ちが勝ちました。

それなのに今は緘黙時代を振り返っている。不思議ですね。ただ、引きずってはいないと思いますが・・・前向きに振り返っているつもりです。

前向きに後ろを向いてる?

記録するのを止めたら、食事に関してはどうでもよくなってしまいました。結局、過食が止まらずマックスまで行きました。

この時はうつ病も再発し、ギャンブルも毎日のルーティンワークになってました。退職金をすべて失うという、高い授業料を払いました。

でも、退職金がなくなり、いよいよ本格的に就活をしなければならなくなって、パソコンを使う事が以前にも増した結果「緘黙症」との懐かしい再会ですから、それで良しとしましょう。

レールは既に敷かれていたのかも知れませんね。神様も味な事をします。バカな奴には色々な事を次から次へと仕掛けて来て気付かせようとするんですね。

この記事へのコメント