過食とダイエット(2)

私は職場ではあまり食べなくても大丈夫です。だから基本的に過食は家での事です。

ただ、就職して3年くらいは職場でも普通に食べてました。普通というより、ボリュームのあるものを食べてました。人数が少ないので交代での昼食でした。定食屋とかラーメン屋とか、一人で何の躊躇もなく行ってました。今の方が一人で行くのは気が引けますね。

マックのお姉さんの笑顔のアタックが苦手で勧められるままに欲しい物と違う物になってしまったなんて事もこの頃の思い出です。「ポテトはいかがですか?」「はい!」「ドリンクはいかがですか?「はい!」「それでしたら、セットメニューの方がお得ですよ!」「はい!」チーズバーガー3個の予定がチーズバーガーセット+2個に・・・ちなみにこの頃はビッグマック3個なんて楽勝で食べられました。そのうちに慣れて「自己主張」出来るようになりましたけど。

家では一回に調理パン5、6個に牛乳1L、コーラ1Lのような食事をしてました。低脂肪乳、無脂肪乳、ゼロカロリーのコーラはその頃はなかったと思います。コーラも1.5Lはまだなかったような気がします。ざっと計算して3000kcalはいってますね。お菓子も食べました。煎餅とかは1袋が当たり前、チョコは300g入りの1袋をペロリと・・・そんな食生活ですから、どんどん太っていきました。

これにはやはりストレスが関係してると思います。支店長になってしまい、つくづく自分の無能さ、不甲斐なさを思い知らされました。食欲を満たす事でストレスや不安感を解消していたんですね。

そんな食生活をしながらも母を糖尿病で亡くした事もあり、健康は気にかけてました。ビタミン剤などを飲み始めたのもこの頃だと思います。当時は高かったですね。

そして、通勤の時に階段を上るときに息が切れてしまい、さすがにこのままではまずいとダイエットをする事にしました。

奇しくも今回と同じ86kgでした。かなり無謀な事をしました。今考えると、そのまま摂食障害となった可能性もあります。

この記事へのコメント