不意打ち(2)

イレギュラーな事、非日常の事が起こるからこそ不意打ちです。準備をしておく訳にはいきません。そんな事をしていたら心配性を通り越して強迫性障害の一種になってしまいますね。

ところで愛知県でまたイジメ自殺がありましたね。中学1年で人生を終えるなんて・・・

イジメの報道があるたびに激しい怒りや憎しみが湧いてきます。

親御さんにとっては人生最大の「不意打ち」です。父親の「犯人捜しはして欲しくない。」真意は測りかねます。最後の声を聞いたという父親、気付いてやれなかった自分自身を責めていないでしょうか?

「何をやっても息子は戻って来ない。」諦めなのでしょうか?この場合、怒りや憎しみを覚える事を認知の歪みとは思いたくもないですね。「かたき討ちをしたい!」そう言って欲しかった。

「おとなしい子だった」そうです。小さな体と心ですべて真正面から受け止めてしまったんですね。残念です。

この記事へのコメント