奇病?

10日程、謎の症状に悩まされました。毎日、夕方から夜になると発熱、筋肉の痛みが起きました。それに加えて、ふくらはぎや足の裏がつったりしました。熱は37.8~38.5度くらいです。

ただ、翌朝起きると何の問題もなく、元気に仕事に行ったりしてました。ところがその夜にまた発熱、その繰り返しでした。発熱自体は風邪と同じ感じですが、喉の痛みや鼻づまりなどはなく、筋肉の痛みは風邪よりは酷い感じでした。

発熱する数日前から肩の痛みが酷かったのでそれによる発熱?とも考えていたのですが・・・肩は30代の頃から痛めていて恐らく腱板損傷だと思います。ここのところ、多少重症化してきてる感はあります。でも、それならば終日発熱しているはずです。

筋肉の痛みやつる事は発熱によるものであるのだと思うのですが、私は心気症的傾向が強いので筋肉や神経、脳や自己免疫の病気の可能性を心配してNHKでやっていた総合診断医ドクターGのようにネットで除外診断をしました。

筋萎縮症、筋無力症、繊維筋痛症、慢性疲労症候群、膠原病、身体表現性疾患など・・・

結局、「心因性発熱」と勝手に自己診断しました。身体表現性疾患に近いですね。

原因は「心」です。ストーカーみたいな奴で私から離れてくれません。心が悪いのでなく、弱い心が悪いんですけど。何だかんだ言ってそこに落ち着きます。

昨年も9月に朝起きると身体中が痛いのが続いたり、翌月には発作のような咳が続いたりと異変がありました。もう歳なんでしょうね。

ショーケンの享年まであと6年と少しですね。人生って短いな。でも、もう充分という気持ちもあります。

クロと一緒に野山や草原を思い切り走り回る日は近い。

この記事へのコメント