精密検査結果

初めに、前回のC型肝炎及び検査に関する記事、また、この記事もあくまでも私の理解の範囲内での記述ですので誤りがある可能性があります。正確な知識は専門医に確認されるようお願い申し上げます。

検査結果は陰性でした。感染はないという事です。

C型肝炎検査は通常以下のようになります。

(1)抗体の検出
(2)抗体検査
(3)核酸増幅検査

(1)で陽性になれば(2)の検査へ、そこで高力価なら感染確定。中力価、低力価なら(3)の検査へ。ここで陰性なら抗体はあるが、過去に感染しているが自然治癒してしまっていてウィルスはいないという事になります。私の場合は(1)陽性(2)陰性でした。

なぜ献血にパスしてしまったのかは、献血では調べてみると(2)の検査からやるようです。(1)で陽性でも(2)で陰性なら献血可能という事でしょうか?詳しい事はよく判りません。取り敢えず、C型肝炎には感染していないという事で一安心です。

前立腺の方は紹介状を頂き、大病院で予約を取りました。予約が立て込んでいるとかで来月末になってしまいました。

またひと月、不安の日々を過ごさざるを得ませんね。

この記事へのコメント