笑わなくてもいいんだ?

三代目JSOULの小林直己さん、杉良太郎さんのアドバイスで笑わないキャラを演じているのだとか・・・ ラグビーの稲垣啓太選手も笑わない事を散々言われてましたね。稲垣選手への「笑わないんですね」や「笑って下さい」が私にとっては「何でしゃべらないの?」や「喋れよ!」と同様に感じてました。「笑顔が足りない!」も社会人になって何回か指摘され…
コメント:0

続きを読むread more

無駄足

今日、勤務明けにC型肝炎の精密検査の結果を聞きに病院に行きましたが、まだ検査結果が出てないと・・・ 多分、忘れていて検査機関に出すのが遅れたんでしょう。一週間で結果が出ないなんてあり得ません。 予定が全て狂いました。大病院は紹介状ないと診察してもらえない時代になったので不便です。
コメント:0

続きを読むread more

弱気

昨年12月にお寺に「八方徐け」と「病気平癒」のお札とお守りを頼みました。平たく言えば「通販」ですけど。人生で一度も初詣に行った事はありません。 厄年の時には厄除けをしようかと思った記憶があります。結局何もしませんでした。お祓いに行く一歩手前で踏みとどまりました。その時も色々あったような・・・ 昨年は色々と体調不良があったりし…
コメント:0

続きを読むread more

思い

他の方のブログを読んで・・・ まさか私の為に書かれた記事とは思われませんが・・・今の私の心情を見透かしたような記事がありました。 「受け入れる」 そうですね。そもそもC型肝炎、前立腺ガンともに最終的な結果、結論が出た訳ではないし、どう足掻いてもなるようにしかならない。そもそも長生きしたとしても結局、安逸を貪り何もやらな…
コメント:0

続きを読むread more

精神が身体に与える影響

アトピー悪化、頸椎症悪化・・・ 日頃治まっている症状が爆発しました。 首の後でいつもはおとなしくてしているアトピー君が広範囲に拡がり、ガサガサ分厚くなってしまいました。 頸椎症は痺れはほとんどなかったのに首を曲げると痺れ、肩甲骨の当たりにまで痛みが・・・発症した時くらい悪化してます。 無理に身体を動かしたりとかで…
コメント:0

続きを読むread more

緘黙ブログ

何年か前に「緘黙ブログが元気ない」という記事を書きました。新着記事の数がかなり減っていた時期でした。 最近はその数年前と比べものにならないくらい閑散としてしまってましたね。その事を書こうとしたら、ここ3、4日なぜか活況になりました。喜ばしい事ですが・・・ 私自身、以前は一日に3記事をアップした事があるくらい毎日記事を書いてい…
コメント:0

続きを読むread more

一年前

昨日は父の命日でした。一年経ちます。悪天候が見込まれていたので墓参りは数日前に済ませておきました。 その前日、「迷惑かけて済まないな。もう無理して見舞いに来なくていいから」手を握って病室を後にしました。 父には判っていたんですね。父の言葉通りに見舞いは必要なくなりました。
コメント:0

続きを読むread more

検査結果

前立腺ガンのPSA検査の結果、「要精密検査」でした。おまけに、ついでに受けていたC型肝炎検査が陽性でした。 献血時の血液検査で肝機能はすべて正常の旨を医師に話すと「C型肝炎ウィルスがあると、そもそも献血で跳ねられるんだけどなあ?」と首をかしげられました。 調べてみると希望者にはウィルス感染の通知をするようですが、希望について…
コメント:0

続きを読むread more

前立腺ガン

昨日、PSA検査を受けました。前立腺ガンの検査です。市の検診を利用しました。 中高年になると前立腺が肥大し、尿の出が悪くなったりするそうですが、私も最近、出が悪くなってます。おそらく、前立腺肥大症だとは思いますが、念の為、PSA検査を受けました。 二人に一人がガンになる時代、これからも他のガンも気にしなければなりませんね。 …
コメント:0

続きを読むread more

今年もありがとうございました。

大晦日、元日、2日と3連勤です。家族のいる同僚もいるので自ずと私の出番となります。でも、ノープロブレムです。正月は何もやる事がないので。 今年を振り返っての重大ニュースを (1)父の死 (2)ギャンブル依存症からの脱却 (3)謎の体調不良 (1)はそれに伴ない様々な事が嵐のように過ぎ去って行きました。悲しむ暇すらな…
コメント:0

続きを読むread more

後ろ髪引かれるように・・・

昨年の今日、午前中に父は35年暮らした我が家を後にしました。覚悟の上の最期の入院でした。 往診の医師は自宅での最期を勧めていましたが、昼間、一人でいる事に堪えられなかったようです。姉も私も仕事があり、毎日、常に側にいる事が出来ませんでした。 たくさんの人に囲まれて、お喋りだった父にとって孤独は堪え難い苦痛だったのでしょう。8…
コメント:0

続きを読むread more

緘黙あるある?

こんなのがありました。 http://ailet.blog.fc2.com/blog-entry-1607.html ※単に「緘黙症」に関する記事の紹介に過ぎません。このブロガーの方のセラピー等を推奨するものではありません。
コメント:0

続きを読むread more

「おかあさんのつうしんぼ」を読んで(2)

道徳の時間での話し合いで前の担任がスプーンに掬って食べさせようとしたり、叱ったり、逆に「食べられたらうれしい」と優しく言った事もあったと事実も明らかになりました。 一人の男の子が「食べるの恥ずかしいんじゃないの。他の部屋で食べさせるのはどうですか?」と提案。 先生は一人では心配と言うと、男の子は「田丸さんと仲良しの人と二人で…
コメント:0

続きを読むread more

「ありがとう」を言いたくて

練馬区にあるスーパーアキダイ、社長の秋葉弘道さんは年間250回のテレビ取材を受けるそうです。 それは小学校時代の恩師に会って「ありがとう」を言いたい為だそうです。恩師がどこかで見ている事を願って・・・ 「自分は口下手どころか喋れなかった。先生はそんな自分の気持ちを代弁してくれたから・・・」 少しかすれたような声でハキハ…
コメント:0

続きを読むread more

「おかあさんのつうしんぼ」を読んで(1)

宮川ひろ著・偕成社文庫の本です。かんもくの会の弥生桜さんのブログ「ほんとうは暖かい光が好き」で紹介されてます。2009年6月の記事ですから、実に10年前ですね。 新3年生のクラス替えの場面からの物語です。 『夕子は田丸さんとまた一緒の組になりました。田丸さんは1年の時から、ただの1回も給食を食べた事のない人です。誰とも話さな…
コメント:0

続きを読むread more

さみだれちゃんの理解

レイニーさんの今日の新着漫画に久々にさみだれちゃんが登場しました。 『何も喋らない、さみだれちゃんを「誠実」だとか「冷淡」だとか勝手に考えたが、何も考えずに「ただ喋らない子」と思っておけば、もう少し一緒にいられたのに。』そんな趣旨の独白が書いてありました。 レイニーさんが場面緘黙症を知らないだろうというのは私の勝手な想像に過…
コメント:0

続きを読むread more

「学校ウサギをつかまえろ」を読んで

岡田淳著・偕成社刊(1986年)の児童文学です。著者は小学校で図工の専科教師として定年まで勤めたそうです。この本は実体験を元に書かれてます。 喋らない少女が出てきます。「暗い美佐子」と呼ばれている、ウサギの飼育係の女の子。 『美佐子は僕らの誰とも話をしない。話せないのじゃない。授業中に先生がしくこく尋ねるとぽつりと喋る。でも…
コメント:0

続きを読むread more

近況(2)

以前紹介しました「さみだれちゃん。」に嵌まってしまってます。と言うより、長谷川レイニーさんの漫画に嵌まっていると言った方がいいかも知れません。さみだれちゃん以外の漫画もレイニーさんそのものにもとても面白いというか、興味を惹かれます。 漫画は小学生で卒業して以来、ほとんど読んでなかったのですが・・・ 「さみだれちゃん。」は未完…
コメント:0

続きを読むread more

近況

お久しぶりです。まだ生きてます! 一時の謎の筋肉痛、発熱はなくなりました。また、献血前検査でのアルブミン対グロブリン比(以前、アルブミン値の低下と書きましたが誤りです)の低下、血小板数の増加も正常値に戻りました。その間に47という徐脈(私の平常時は80前後)もありましたが、それはすぐに戻りました。自律神経が関わっているものなのでや…
コメント:0

続きを読むread more

これも神戸!

うっかり失念していました。これを絶対に忘れてはならない。 平成16年10月に報道されたものです。 https://blogs.yahoo.co.jp/hirameki_7/37274186.html 兵庫労働局は神戸にあります。そして昨日は尼崎の小中高で体罰が蔓延しているとの報道がありました。 兵庫県の公務員…
コメント:0

続きを読むread more