会話

本社より、挨拶の励行をするように指示が来ました。時々、出来ない人を見掛けるとの事で再確認という事でした。基本的な挨拶の大切さなどを書かれたプリントが届きました。 その中に「挨拶から会話が始まります。それを疎かにすると結果的に会話が少なくなります。会話が少なくなるとストレスがあった時に誰にも話せず、自分の中に溜め込んでしまいます。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超せっかちさん

同僚に超せっかちな人がいます。夕方外灯を点けなければならないのですが、それが気になって仕方ないのか、15時くらいに点けてしまいます。夏場などは点灯してるかどうか判らないくらいの明るさなのにです。 それと同時に翌日の準備も始めます。おまけに「この来館者は4トン車3台で来る。明日は来館者が多いから駐車場に停められるかな?」と心配してま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トレンド入り?

あるサイトに「緘黙という言葉がトレンド入りしたので調べてみたが・・・」というのがあった。 よく検索されているという意味なのか、緘黙という言葉が使われている数が多くなったという事だろうか?何かあったのだろうか? たくさんの人に知られる事はいい事ですが・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい話・・・

オーストラリア在住の方のブログ。うつ病などを患っていて、主に病気の事や日常の事を綴られています。 ある日、雛を保護したとの記事がありました。木の上の巣から雛が落ちたらしく、震えてじっとしていたそうです。 巣が木の高いところにあり、戻すに戻せず、取り敢えず保護して色々な動物保護団体に連絡したそうです。 ところが、その鳥は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なるほど・・・

『私のように卒業前の出来事を克明に語れるという方は果たしてどれだけいらっしゃるでしょうか?おそらくほとんどの人が出来ないでしょう。それは記憶力の問題ではありません。』 『理由は簡単です。皆さんにとって「その学生時代は人生のほんの一部分に過ぎなかった」からです。むしろ、それが一般的です。いつまでも昔を引きずっている人間の方が異常なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わかりやすい!

https://e-heartclinic.com/kokoro/senmon/f90/smutism01.html たまたま見付けた病院のサイト・・・説明が判りやすいですね。先日、記事にした小児科医の勘違いとは雲泥の差です。 「話せない」とちゃんと書いてあります。「意欲の問題」ではありません。有病率が0.03~1%になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矢折れ刀尽きる

孤立無援、孤軍奮闘の貴乃花親方、緘黙症だった私にとっては自然と応援したくなります。寡黙ですしね。既に貴乃花親方ではなく、花田光司氏と記載されているところもあります。寂しい限りですね。 ただ、あまりも不器用で無用の闘いを挑みすぎたような気がします。 やはり、出勤拒否や来てもすぐに勝手に帰ってしまうような行動はシンパの親方たちも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

違うだろ!

http://hirai.kids.coocan.jp/sub6sub16.html 「貧しい沈黙」「意欲に乏しい」・・・単なるシャイネスと勘違いしているようだ。そもそも単なるシャイネスですら、意欲が乏しいのではなく、「理由」がある。普通に話せる子は意欲満々だから話せるのだろうか?意欲など必要ない、単なる話す事が困難だから苦しん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理想・・・

『私の理想は、同じ部屋にずっと二人でいても別の事をしていても全然気にならない。黙っていても寂しくない。でも話をしたらしたでずっと話していられる』 「サワコの部屋」での女優の石田ゆり子さんの発言です。結婚生活の理想を話したようですが・・・ 私とほとんど同じですね。最後の「ずっと話していられる」は違いますけど。 こんな人間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近況

父は最近、「体調悪い!」と言う事が多くなりました。ただ、自分で買い物に行き、食事も作ってます。家に帰ると、うどんやそばを茹でていたりする事も。身体に負担が掛かるから、わざわざ茹でなくても、流水麺というのがあると勧めておきました。流水麺は面倒くさがりの私にはぴったりですね。 父がそれらの乾麺を自分で買っているのと思っていたら、どうや…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バリバラ見ました・・・

番組冒頭に山本シュウという人が大きな声で「イエーイ、バメンカンモーク!」と叫んでいた。何だこのノリは?ラジオDJらしいが、終始一貫、コイツの言動が不快でした。場面緘黙の説明をしている時にもおちゃらけていた。バカにしてないか?日頃、そういうスタイルで受けているのかも知れないが、番組内容に合わせてやるべき。 今日の主役のKさんも出演し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7年経過・・・

お読み頂きありがとうございます。 早いもので、このブログを始めて7年が過ぎました。 8月21日がこのブログの誕生日です。1番最初の記事を何度も何度も見直し、手直しし、PVも何度も確認した事が懐かしい思い出です。 初日のPVは35くらいだったと思います。ブログ村にも参加していなかったので、PVは全て私自身のものだったかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガキの使いじゃあるまいし!

昨日、勤務明けに葬儀社に行って来ました。父の一任を受けたので事前契約の為にです。 細部の話を詰めて、後は契約を交わすだけとなりました。 家に戻り、必要書類(印鑑登録証明・戸籍謄本)の話を持ち出すと、「そんな書類が必要のはずがない!」と言い出し、おまけに金額も高過ぎると・・・金額は当初より一切変わりなく同じです。結局契約が反古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葬儀準備

一昨日は休みだったので、いつもより長く寝られて疲れも少し取れました。 まったりとしていると、父から葬儀の話がありました。母の眠る霊園が経営する葬儀社に相談に行って、見積りを出してもらってました。 こういう事は本人が元気な時にはなかなか話を切り出せないものなので正直助かりました。 最近、体調が悪くなったので、今日明日とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「一色真理詩集」を読んで(2)

先ずは訂正から・・・緘黙ジャーナルさんの記事には詩集「純粋病」の「心」事が書いてあり、この「一色真理詩集」の事ではありませんでした。 この詩集はその「純粋病」を含めた、「夢の燃えがら」「真夜中の太陽」「元型」「偽夢日記」「エス」などの作品から一部抜粋されたもののようです。 「エス」って、フロイトのアレですよね。やっぱり・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「一色真理詩集」を読んで

緘黙ジャーナルさんの記事にあった「一色真理詩集」を図書館で借りてみました。ネット上でも一部読めるようですが、他の詩にどんな事が書かれているのか興味がありましたので・・・ 手にしてみてビックリ、「心」の抜粋が表紙に書かれてました。著者の「思い」の表れのように思います。 巻末の「自筆年表」の一部を抜粋させて頂きます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取り敢えず、一安心

肺がんで夏まで持たないと余命宣告された父ですが、検査の結果、以前と変化がないそうです。大きさも変わりなく、転移もないとの事で一安心です。 ただ、ガンからの出血を酷くしてしまうという理由で不整脈の薬が飲めないので心臓の方の危険は継続してます。 父と少しずつ、葬儀の話をするようになりました。家族葬にしてくれと言ってます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓参り

一昨日は久々の休みでした。 そして急遽、父と墓参りに行く事になりました。24時間勤務の後に夜勤が2度続いたり、24時間勤務に続けて日勤、そして翌日24時間勤務といった苛酷な勤務が続く中では墓参りに行く時間がなかなか取れないので、一緒に行くには この日しかありませんでした。 私自身はお盆とか彼岸とかに一切拘わらないので、行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近況

完全に夏バテです。人手不足による過剰勤務で疲れが溜まってます。勤務明けで家に着いた時点で畳が熱くなっていて、しかもクーラーの効きが悪いという地獄です。 やむを得ず先日、扇風機を買いました。昔の鉄製の扇風機以来かも知れません。扇風機がこれほど快適とは・・・ 父は2、3日前にようやくクーラーを使い始めました。しかも夜は雨戸を締め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防げた事故?

小学生1年の男児が、熱射病で亡くなるという痛ましい事故が起こりました。 炎天下の校外学習での出来事ですが、男児は「疲れた」と不調を訴えていたとの事です。 やっつけ仕事の犠牲ですね。形だけ「やる事」だけが重要で「中身」は問われません。 テレビで医師が「もともと何らかの体調不良があった可能性がある」とコメントしてました。校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more