「精神科医にも拳銃を!」

日本精神科病院協会の山本學会長が機関誌に「精神科医にも拳銃を!」と書いた事が話題になってます。 精神科の医療現場で患者間の暴力や医師や看護師への暴力が頻発し、「もはや治安問題」というのが真意で理解出来るとする精神科医も多数いるとか・・・ そういう議論なら、患者の差別に繋がるような表現をさけるべきだと思います。因みにその文章は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またか・・・

横浜の病院で点滴に異物を混入し、患者を殺害した看護師・・・ 目立たない子でいつも独りだったそうです。あまり話さず、いつも自分の席にいたとも。 いっその事、「精神科通院歴」を加えてくれれば、私と同じになります。 当初より疑われていたらしいですね。おとなしいからと言って、変わり者扱いされていて、疑われていたのなら悲しいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『少女邂逅』を見て・・・(2)

たかが映画を見に行くだけで緊張がありました。初めて行く場所には未だに緊張するようです。 最近は安逸を貪って、緊張する場面がほとんどないので慣れようがありませんね。 一晩寝ると色々と映画の記憶が甦ってきます。 ネタバレしない程度に書きます。サスペンス調の部分もあるので、「最後はこうだったなんて」書くと台無しになってしまい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『少女邂逅』を見て・・・

今日から新宿武蔵野館で公開です。 人生初のシルバー割引を、身分証を忘れた為に受けられませんでした。 700円が・・・ きっと潜在意識の「まだまだシルバーじゃない!」という思いが身分証を忘れさせたのでしょう。 この映画の枝監督は緘黙症経験者であると語ってます。その体験を基に作った映画という事なので公開を心待ちにして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近況

車の運転を止めないと宣言した父は仕事も復帰すると言ってましたが・・・   さすがに会社側に断られたらしく、諦めたようです。その会社は元々、父と叔父がいた会社の下請け会社で、叔父は元取締役で、いざとなったら一声掛けて、仕事をさせないようにお願いしておくと言ってました。 やはり、「老兵は去り行くのみ」でしょう。仕事中に倒れる事もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大丈夫か?

大阪の地震、倒れてきた塀の下敷きになるなんて・・・最近の建築物は見た目重視のような気がします。おまけに強度の偽装もあるかも知れません。 これは人災ですね。 被災された方にお見舞い申し上げます。 大阪に住んでいるブロガーの方もいます。毎日更新していたのが途切れてます。大丈夫だろうか?心配です。ブログどころではないのでしょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「リセットする力」を読んで

酒井宏樹著・KADOKAWA刊の本です。サブタイトルとして「自然と心が強くなる考え方46」となってます。 このサブタイトルを「うつ病にならない為の考え方」に変えても通用すると思います。 著者はサッカー日本代表選手です。今、ロシアで19日の試合に備えているところでしょう。 酒井選手は弱冠28歳で、私が緘黙症、うつ病、パニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世間の思うつぼ

新幹線殺傷事件。 引きこもりで精神疾患の人間が犯人でしたね。 世間の思うつぼ、想像通りの犯人像でしょう。 精神疾患と精神異常は似て非なるものです。一緒にしてはいけません。 被害に遭われた男性、女性を守ろうと犯人に立ち向かった勇気に感服します。ご冥福をお祈り申し上げます。 (追記) 昨日は「引きこもり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世の中は悪くなっているのか?

安倍首相の森加計問題、財務相の文書改竄、日大アメフト問題、次から次へ出て来ますね。 昨日は神戸市の女子中学生イジメ自殺問題で市の教育委員会が同級生からの聞き取りメモを隠蔽したというニュースがありました。 自己保身、責任逃れ、改竄やら隠蔽ばかりで嫌になりますね。 でも、視点を変えるとそれほど悪い世の中でもありません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選択性か、場面か?

WHOの国際疾病分類(ICD-11)でSMの和訳が「場面緘黙症」になるかも知れないそうですね。各団体の働き掛けがあったようです。既に定着している部分もあり、自然の流れとも言えます。 「選択性」が「わざと・意図的に」と捉えられかねないという危惧から「場面」なんでしょうけど、英語圏の人はselectiveにどんな感じ方をしてるのか一度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心霊写真?

最近、愛犬クロの写真に色々なものが写り込んでいるように見えます。前にはなかったのですが・・・ まあ、40年近く経っているので写真の劣化によるシミがそう見えるのだとは思いますが、スピリチュアルを信じない私でも気になってしまいます。 子犬時代の写真にはたくさんの人の顔、コーギー犬の顔、そして日蓮上人のような僧侶の姿が見えます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日、読売新聞の緘黙記事を読んで・・・

遅ればせながら、図書館で読んできました。 5月9日付、朝日新聞の方は、「どうしました」というコラムに祖母からの質問です。回答者は国立病院機構小児科医長です。 「小学3年の女の子、幼稚園の頃から家族以外とは全く話さない事に気付きました。あやとりや折り紙が得意で、友達とは話をしなくても仲良く出来てるようです。発表する授業も増える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無意味・・・

日大アメフト部員による声明文、全く意味がありません。 焦点は監督、コーチによる反則指示があったかどうか、だけです。それなくしてM選手の救済などあり得ません。 腹立たしいのは事件が騒がれ始めた時に早々とキャプテンが「反則指示はなかった」と表明した事です。これが本人の意思ではなく、監督、コーチの指示による表明であるのは想像に難く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優しい事はそんなに駄目なのか?

木村太郎氏がテレビ番組で意図は判りませんが、「昔は相手を潰せ!なんて当たり前だった」と。 そして、日大のM選手について、「優しすぎる。アメリカンフットボールには向かない!違うスポーツをやった方がいい。知人もそう言っていた」とも話していました。 奇しくも、内田前監督、井上コーチと同じ事を言ってますね。心が優しいとやってはいけな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潔さと往生際の悪さ

日大アメフト部の問題、M選手の顔出し会見の勇気には感服します。孤独な闘い、どんなに辛かったでしょう。心の葛藤は察して余りあります。 無条件に拍手を送りたいですね。もちろん加害者であるのは間違いないですから、償いはしなければなりません。 それに引き換え、内田監督と井上コーチの往生際の悪さが対照的で際立ちます。 井上コーチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寡黙な物理学者

ポール・ディラック(1902~1984)はイギリスの物理学者で超寡黙だったそうです。 日常会話では「はい」「いいえ」「わからない」の3語だけだったそうです。 ケンブリッジ大の同僚たちはあまりの寡黙ぶりに1時間に1語を喋る事を「1ディラック」という単位で呼んでいたそうです。 また、目立つ事、有名になる事を極端に恐れて、ノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑感

新潟の女児殺害事件、犯人が捕まり、取り敢えず一安心ですね。 私も個人的に一安心です。 「挨拶が出来て、普通に会話が出来て、仕事の欠勤もなく、決して暗くない」 犯人の人物像を聞かれた人の回答です。複数の人から異口同音の言葉が聞かれました。 真逆じゃなくて良かった。 これらの人たちの頭の中に既に犯人像が既に出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の日

今日は母の日ですね。墓参りを計画してましたが、雨の予報なので仏壇にカーネーションを供える事に予定変更しました。 一年に一度、命日以外に母の事に想いを馳せる日があるのはいい事ですね。 母は常に私の味方でした。緘黙の為に近所の人に挨拶が出来ず、苦情が来た時も、集団登校の班長の役目を果たせず、副班長の母親から嫌みを言われた時も、私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近況

膝の痛みはほとんど無くなりましたが、水が引かないどころか、びっくりするほど「増水」する日もあります。整形外科を再受診して水を抜くのを検討してます。もう少し経過観察ですね。何ヵ月経過観察してるんだという話ですけど。 父は医師に車の運転を禁止され、4月一杯で運転を止める約束でしたが、「医者はああ言ってるけど、俺は俺のやり方でやる!」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチロー・・・

イチロー選手がオーナー付き球団アドバイザーになったというニュースが昨日は日本中を駆け巡りました。そして、今シーズンは試合に出られないが来年以降は可能性があるらしい。引退ではないという。 正直言って、意味不明ですね。一年間、試合に出ないでカムバックは厳しいと思います。 ある元プロ野球選手の話だと「事実上の戦力外。ただ、今の監督…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more