テーマ:病気

お久しぶりです。

前記事から1ヶ月以上経過してしまいました。まだ生きてますよ! 前記事に書いた症状が消えたと思ったら、今度は献血時の血液検査でアルブミン低下と血小板増加で基準値から外れてしまいました。2回連続異常値でした。 アルブミンは結構大事ですね。肝臓疾患や腎臓疾患、栄養不足などが原因で下がるようですが、他の検査結果からは肝臓病の可能性は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇病?

10日程、謎の症状に悩まされました。毎日、夕方から夜になると発熱、筋肉の痛みが起きました。それに加えて、ふくらはぎや足の裏がつったりしました。熱は37.8~38.5度くらいです。 ただ、翌朝起きると何の問題もなく、元気に仕事に行ったりしてました。ところがその夜にまた発熱、その繰り返しでした。発熱自体は風邪と同じ感じですが、喉の痛み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輪廻転生

父のいる病棟に行くと人生の儚さを感じさせられます。 父とほぼ同年代の人が十数人入院しています。緩和ケア病棟が普通の病棟と違うのは、患者同士の会話がない事です。それだけ重症という事もありますが、話をするどころではない、切羽詰まった状況にあるという事です。同病相憐れむどころではないという事です。 それぞれに若い時があり、スポーツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喘息か?

ここ2週間ほど、咳が続いています。発作的に出て、かなり咳き込み、時には嘔吐も。しかも駅の階段などを上る時に息切れが激しい状態です。咳以外の症状はなく、風邪ではないと自己診断してました。 さすがに経過観察や市販薬での対応の段階ではないと思い、昨日病院へ行きました。本来は呼吸器科や呼吸器内科を受診すべきなんですが、勤務の関係、病院のロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余談・・・

2ヶ月、湿布をし続けていたら膝に異変が・・・ 肌荒れは当然ですが、なぜか毛が生えてきました。湿布に育毛作用があるのか? 調べてみると、湿布に入っているサルチル酸に育毛作用があるそうな。 ただ、湿布は決められた用途で使用してください。頭に湿布を貼って、毛が生えて来ないじゃないか!というクレームは受け付けませんのでご了承く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真骨頂

左膝に水が溜まり、約2ヶ月が経過、なかなか水が引かず、痛みも日によって強くなったり、弱くなったりと一進一退を続けていました。一番酷い時には何もしなくてもジンジンと痛んだり、勤務明けに駅前の百均で杖を買って自宅まで歩いて帰った事もあります。 たかが片膝と思いきや、色々と動きを制限されます。腕立てや腹筋などの一見関係なさそうな運動にす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢幻泡影

たとえ親子であっても死の恐怖と闘うのは本人だけです。想像は出来ても、それ以上の事は出来ません。 残念ですが、別人格なんです。 先日、姉と今後の事を話し合いました。父に内緒で話す事に心苦しさを感じます。 話し終えて家に着くと頭痛と熱っぽさが続きました。でも、熱を測っても平熱でした。明らかにメンタルから来たものですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺伝子検査をやってみました。

医療機関ではありません。ネットでよく見かけるやつですね。色々な疾病に罹るリスクを調べるものです。 結果として、リスクの高い疾病は「肝臓ガン」「乳房外パジェット病」「肺気腫」「結核」「片頭痛」「椎間板変性症」「原田病」「副鼻腔炎」「脊柱側弯症」「アレルギー性鼻炎」「精子減少症」 リスクのやや高い疾病は「胆嚢ガン」「肺ガン(扁平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ぼくと魔法の言葉たち」を観て

「自閉症により2歳で言葉を失った少年が家族の愛情とサポートのもと、大好きなディズニーアニメを通じて徐々に言葉を取り戻していった様子をユーモアたっぷりに、そして感動の涙とともに描くドキュメンタリー」という映画です。 緘黙症とは違いますが「言葉を失う」に引き寄せられて見に行きました。自閉症で言葉を失うとはどういう事なのか?ネットで調べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お祈り

突然、思い出したのですが、亡くなった母の病室は二人部屋でした。隣には小学校低学年と思われる男の子がいました。脳腫瘍で何回か手術したとか、状態はあまりおもわしくなかったような記憶があります。 母が糖尿病だったので違う診療科の患者が同室になるのか?記憶違いの可能性もありますが・・・ 病室を片付けて後にする時、その子の母親が目に涙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生まれ変わり

ネット波乗りしていたら、「2歳の娘が独身時代に飼っていたフェレットだったと言い出した。」というのがありました。 突然、「ゆうちゃんねぇ、昔、もふぞうだったの。そしてゆうちゃんになったの。カリカリの餌おいしくなかったわぁ。もふこはかわいかったけど怖かった。あまり一緒に遊ばなかった。」 「もふぞう」と「もふこ」はフェレットの名前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好子(こうし=喜ぶもの)

昨日、BSフジで「異端の出張カウンセラー」という番組をやってました。臨床心理士、奥田健次氏です。自閉症を専門としてるそうです。 自閉症の子供を持つディレクターが実際に出張カウンセリングを依頼するドキュメントです。 自閉症で言葉を発する事の出来ない子供に大好きなお菓子を手に模倣行動の練習をします。出来たらお菓子を上げます。この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

製造中止~ショック~

大杉製薬のモリちくのう錠が製造中止になりました。ショックです。 平成3年に蓄膿症の手術をしてすぐに再発、平成13年に再手術しても思わしくなかった時に出会った薬です。粘膜の腫れはありますが、鼻呼吸が出来るようになったのはこの薬のお蔭です。 漢方の辛夷清肺湯と排膿散及湯を足したような処方で他にはありません。商業ベースに乗らないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声が出ないという事

精神的に声が出ないという事はどういう事なんだろうとネット波乗りしていたら、自律神経失調症から来るケースがあるのを見つけました。直接、緘黙とは関係ないかも知れませんが参考までに。 http://brain-disease.net/dysautonomia/symptom05.html もう一つ、痙攣性発声障害の事を書いたブログ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音声喪失

縁あって時々バザーに協力させて頂いている豊能障害者センターから「わたくしごとですが」というリーフレットが届きました。改めて色々な障害があるのを認識させられます。ご紹介させて頂きます。 『皆さん、こんにちは。専従スタッフのMです。私には呼吸器と音声消失(声が出ない)という障害があります。声が出なくなってからの日常、特に人のコミュニケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医者の薬知らず

先日の風邪で処方されたの薬の中に小青龍湯がありました。気管支炎やアレルギー性鼻炎に効く薬ですが・・・ 水っぽい鼻水が出る場合に効果がある薬なのに「鼻づまりはあるが鼻水はない」と問診で答えたのにこの処方です。 調べてみると最近、この薬の乱用というか、安易に処方するケースが増えているそうです。ステロイド剤のセレスタミンと同じです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

病気なのか?

高畑容疑者を検索すると発達障害というのが出て来ますね。すべて憶測のようですけど。空気を読めない部分は私も見ていて感じてました。しかし、有名人である自覚のなさ、後先考えない犯行、解せないですね。やはり病気なのでしょうか? 子供の頃はアトピーに喘息、左耳の聴力障害、そして一番気になるのが「4歳まで喋らなかった」とか。 聞こえにく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あざと生きる」を見て

先天的にあざがある、クリッペル・トレニー・ウェーバー症候群という難病の事を一昨日深夜にテレビでやってました。いつもの事なんですが、こういう番組は必ず途中から、たまたまチャンネルを変えたらやっていたというパターンが多いです。最初から見られなかったのは残念です。 顔に赤あざのある小学生の男の子の事を取り上げてました。入学前に母親が保護…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔の手が次々と・・・

父に肺ガンが見つかりました。正確に言うと以前からあった腫瘍がガンと判明しました。 何年か前から肺の影として、色々な病院、最後には癌研で診察を受けましたが、小さ過ぎて判別不能となってました。年齢的なものもあり経過観察していましたが・・・ 今回の検査で10ミリから12ミリに成長、ガンと診断されました。ただ手術は高齢(86歳)であ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

薬が切れた・・・

覚醒剤の事ではありませんよ。胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカーがないのに昨日気付きました。仕事と土日という事で病院へは行けません。私が処方されてるのはガスター10のジェネリックで20mgのものです。 やむを得ず、市販のガスター10で繋ごうと思い、行きつけのドラッグストアに行くと「ここでは扱ってません。第一種医薬品なので薬剤師が常駐し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『自律神経を整える「あきらめる」健康法』を読んで(2)

ネガティブな感情を抱いたりすると自律神経のバランスが崩れ、血管が収縮し、血液はドロドロになって血流が悪くなり、細胞の機能が低下する上に免疫力も低下してしまうそうです。 『私たちの体はすべて繋がってます。ある一部分だけに問題が生じるということはありません。認識できる形でどこかに病が現れても、それはたまたまそこが弱くて最初に影響が現れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『病気が治る鼻うがい健康法』を読んで

堀田修著・角川マーケティング発行の本です。この本のサブタイトルは「体の不調は慢性上咽頭炎がつくる」上咽頭とは、いわゆる喉チンコの裏側です。 この著者は腎疾患の臨床医でIgA腎症を専門としてます。以前は不治の病と言われ、最終的には人工透析が必要となってました。 ところがこの著者らの研究により、「扁摘パルス療法」が発見され、早期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無知の怖さ

糖尿病の7歳の子供の治療を祈祷師なる者に依頼し、インシュリンを止めて死に至らしめたという事件がありましたね。 藁をも縋る思いは理解出来ますが、こんなバカがまだこの世にいるなんて考えられません。一体今までの人生で何を学んできたのでしょう。祈祷師よりバカ親に怒りが湧きます。 私は21歳の時に母を糖尿病で亡くしました。まさにインシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声 声 声

つんくさんの入学式での笑顔が強さにも見えたけど、痛々しくも感じました。この入学式に心に秘めた思い・・・出席したのは今までの人生に一つのピリオドを打つ為のように見えましたが・・・ミュージシャンが声を失うのは・・・想像を絶する事でしょう。 声が出ない・・・緘黙に近いものがあるかも知れません。 私が蓄膿症の手術の為に初めて入院した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亜鉛がアトピーに効く?

「アトピーが消えた、亜鉛で治った」(有沢祥子著・主婦の友社)を読みました。著者は皮膚科医院の院長をしている医師です。 私も一時期、亜鉛のサプリメントを摂取していた時期があります。5年前に前庭神経炎というめまいの病気で11日間入院したんですが、退院後に同僚から亜鉛がいいと言われ、飲んでみました。プラセボ効果かも知れませんが何となく体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠れフードアレルギー

3/7付スポーツ報知の「ディカルNOW」コーナーに「隠れフードアレルギー」というのが紹介されてました。フードアレルギーにはすぐに症状が出る「即時型」と6~24時間後に表れる「遅延型」があるそうです。頭痛、疲労感などの症状が出るようですが、食後数時間が経っている為に気付きにくいのが特徴です。 頻繁に摂る食品ほどこの隠れアレルギーの原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目を見て話してはいけない?

先日の「ホンマでっか?」で依存症評論家の酒井和夫氏が「目を見て話してはいけない!」と・・・他の評論家たちもそれぞれの立場で同調していた。 「自信のない人が相手の目を見て話をすると負の感情抱いてしまう。」 う~ん、今更ながらですね。そもそも依存症評論家って何ぞや?この番組には色々な評論家が出て来ますが・・・ 私の場合は視線恐怖はあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花粉症に朗報?

既にご存知の方がいるかも知れませんが、今までは皮下注射で行われていた減感作療法に舌下薬が今月8日に販売が開始されたそうです。(市販薬ではありません)欧米では以前から行われた治療法ですが、東京都が中心に臨床試験を行ない7,8割が症状の軽減、1割は発症しなくなったとの事です。 完治(1割の人?)までは3~5年かかるが、最初のシーズン前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音と声の問題

話をしていると「えっ?」と聞き返される事が多い。緘黙の後遺症なのか、声が小さい。語尾になるにしたがって声がだんだん小さくなっているのは自覚している。前の会社で街頭キャンペーンがあって自分なりに大きい声を出したつもりなのに「声が出てないぞ!」とよく指摘された。やはり他人に自分の話してる声を聞かれるのと話してる内容をを聞かれる事に恐怖がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パニック発作再び?

一昨日、出勤の為、駅に向かって歩いていると、みぞおちの辺りに痛みが。一連の胃の不調では痛みはそれ程なかったのだが、そこそこの痛みだった。薬は飲んでいるし、対処法もないのでそのまま歩いていった。 駅の階段を上っていると息切れがし出した。最近太ってきて、先日、医師に悪玉コレステロールと脂肪肝一歩手前を指摘されたばかりとは言え、今まで階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more