テーマ:病気

メメント・モリ

『ワニ』が死んで、そして志村けんさんが逝ってしまいました。 メメント・モリとはラテン語で「自分がいつか死ぬ事を忘れるな」という意味だそうです。 とかく若い頃は死が自分とは無縁の事だと思いがちです。 若くない私ですら「新型コロナウイルスには感染しない」「感染したとしても無症状か軽症で終わる」と心底、本気で思っているくらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

執行猶予3ヶ月

前立腺の検査結果が出ました。前立腺にガンとおぼしき陰影が認められました。ただ、小さいので現時点でガンかどうかは判別不能との事でした。 本来はそこで生検を行うのですが、この段階ではやらない方がいいだろうとの医師の判断で経過観察する事になりました。 前立腺の肥大の方はかなり大きいので切除した方がいいと言われてしまいました。取り敢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それでも・・・騒ぎ過ぎ

昨年1月のインフルエンザによる死亡者数は1日平均54人だそうです。年間では3千人以上の人が亡くなってます。これでも新型コロナウイルスの方が怖いですか? マスクに消毒、私の勤めているビルでもやってますが、やってもやらなくても結果は同じだと思います。危ないところで新型コロナウイルスを消毒で殺して感染を防いだなんて事はないでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結論はまだまだ先・・・

PSA検査で異常値が出てから、約ひと月待って漸く診察を受けました。診察というより、MRIの検査日の確定とそれに伴う血液検査のみでした。 MRIで疑わしい部分があれば、次は生検となります。生検では前立腺に直接針を刺して組織を取り、ガン細胞があるかどうか確認します。その場合は一泊二日の入院になります。 MRIは来月中旬、翌日には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柄谷行人・・・(2)

柄谷氏の事を検索していると面白いサイトに行き当たりました。柄谷氏への批判が書かれてます。 https://note.com/shinkai35/n/n42b078e39ef4 このサイトに書いてある柄谷氏の「結核は結核菌が原因ではない」暴論のように見えますが、私も同感です。感染症はウイルスや菌そのものの強弱ではなく、こち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物情騒然

新型コロナウィルス、騒ぎすぎです。マスクも何の意味もありません。 欧米人はマスクなんかしませんよ。全員、感染してなきゃおかしいですね。感染する人はするし、しない人はしない。感染しても発症しない人はしない。 私の職場でインフルエンザに罹った人は唯一予防接種をした人でした。他の人は誰も感染してません。そんなものです。 それに普…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精密検査結果

初めに、前回のC型肝炎及び検査に関する記事、また、この記事もあくまでも私の理解の範囲内での記述ですので誤りがある可能性があります。正確な知識は専門医に確認されるようお願い申し上げます。 検査結果は陰性でした。感染はないという事です。 C型肝炎検査は通常以下のようになります。 (1)抗体の検出 (2)抗体検査 (3)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無駄足

今日、勤務明けにC型肝炎の精密検査の結果を聞きに病院に行きましたが、まだ検査結果が出てないと・・・ 多分、忘れていて検査機関に出すのが遅れたんでしょう。一週間で結果が出ないなんてあり得ません。 予定が全て狂いました。大病院は紹介状ないと診察してもらえない時代になったので不便です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱気

昨年12月にお寺に「八方徐け」と「病気平癒」のお札とお守りを頼みました。平たく言えば「通販」ですけど。人生で一度も初詣に行った事はありません。 厄年の時には厄除けをしようかと思った記憶があります。結局何もしませんでした。お祓いに行く一歩手前で踏みとどまりました。その時も色々あったような・・・ 昨年は色々と体調不良があったりし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い

他の方のブログを読んで・・・ まさか私の為に書かれた記事とは思われませんが・・・今の私の心情を見透かしたような記事がありました。 「受け入れる」 そうですね。そもそもC型肝炎、前立腺ガンともに最終的な結果、結論が出た訳ではないし、どう足掻いてもなるようにしかならない。そもそも長生きしたとしても結局、安逸を貪り何もやらな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神が身体に与える影響

アトピー悪化、頸椎症悪化・・・ 日頃治まっている症状が爆発しました。 首の後でいつもはおとなしくてしているアトピー君が広範囲に拡がり、ガサガサ分厚くなってしまいました。 頸椎症は痺れはほとんどなかったのに首を曲げると痺れ、肩甲骨の当たりにまで痛みが・・・発症した時くらい悪化してます。 無理に身体を動かしたりとかで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検査結果

前立腺ガンのPSA検査の結果、「要精密検査」でした。おまけに、ついでに受けていたC型肝炎検査が陽性でした。 献血時の血液検査で肝機能はすべて正常の旨を医師に話すと「C型肝炎ウィルスがあると、そもそも献血で跳ねられるんだけどなあ?」と首をかしげられました。 調べてみると希望者にはウィルス感染の通知をするようですが、希望について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前立腺ガン

昨日、PSA検査を受けました。前立腺ガンの検査です。市の検診を利用しました。 中高年になると前立腺が肥大し、尿の出が悪くなったりするそうですが、私も最近、出が悪くなってます。おそらく、前立腺肥大症だとは思いますが、念の為、PSA検査を受けました。 二人に一人がガンになる時代、これからも他のガンも気にしなければなりませんね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近況

お久しぶりです。まだ生きてます! 一時の謎の筋肉痛、発熱はなくなりました。また、献血前検査でのアルブミン対グロブリン比(以前、アルブミン値の低下と書きましたが誤りです)の低下、血小板数の増加も正常値に戻りました。その間に47という徐脈(私の平常時は80前後)もありましたが、それはすぐに戻りました。自律神経が関わっているものなのでや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お久しぶりです。

前記事から1ヶ月以上経過してしまいました。まだ生きてますよ! 前記事に書いた症状が消えたと思ったら、今度は献血時の血液検査でアルブミン低下と血小板増加で基準値から外れてしまいました。2回連続異常値でした。 アルブミンは結構大事ですね。肝臓疾患や腎臓疾患、栄養不足などが原因で下がるようですが、他の検査結果からは肝臓病の可能性は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇病?

10日程、謎の症状に悩まされました。毎日、夕方から夜になると発熱、筋肉の痛みが起きました。それに加えて、ふくらはぎや足の裏がつったりしました。熱は37.8~38.5度くらいです。 ただ、翌朝起きると何の問題もなく、元気に仕事に行ったりしてました。ところがその夜にまた発熱、その繰り返しでした。発熱自体は風邪と同じ感じですが、喉の痛み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輪廻転生

父のいる病棟に行くと人生の儚さを感じさせられます。 父とほぼ同年代の人が十数人入院しています。緩和ケア病棟が普通の病棟と違うのは、患者同士の会話がない事です。それだけ重症という事もありますが、話をするどころではない、切羽詰まった状況にあるという事です。同病相憐れむどころではないという事です。 それぞれに若い時があり、スポーツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喘息か?

ここ2週間ほど、咳が続いています。発作的に出て、かなり咳き込み、時には嘔吐も。しかも駅の階段などを上る時に息切れが激しい状態です。咳以外の症状はなく、風邪ではないと自己診断してました。 さすがに経過観察や市販薬での対応の段階ではないと思い、昨日病院へ行きました。本来は呼吸器科や呼吸器内科を受診すべきなんですが、勤務の関係、病院のロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余談・・・

2ヶ月、湿布をし続けていたら膝に異変が・・・ 肌荒れは当然ですが、なぜか毛が生えてきました。湿布に育毛作用があるのか? 調べてみると、湿布に入っているサルチル酸に育毛作用があるそうな。 ただ、湿布は決められた用途で使用してください。頭に湿布を貼って、毛が生えて来ないじゃないか!というクレームは受け付けませんのでご了承く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真骨頂

左膝に水が溜まり、約2ヶ月が経過、なかなか水が引かず、痛みも日によって強くなったり、弱くなったりと一進一退を続けていました。一番酷い時には何もしなくてもジンジンと痛んだり、勤務明けに駅前の百均で杖を買って自宅まで歩いて帰った事もあります。 たかが片膝と思いきや、色々と動きを制限されます。腕立てや腹筋などの一見関係なさそうな運動にす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢幻泡影

たとえ親子であっても死の恐怖と闘うのは本人だけです。想像は出来ても、それ以上の事は出来ません。 残念ですが、別人格なんです。 先日、姉と今後の事を話し合いました。父に内緒で話す事に心苦しさを感じます。 話し終えて家に着くと頭痛と熱っぽさが続きました。でも、熱を測っても平熱でした。明らかにメンタルから来たものですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺伝子検査をやってみました。

医療機関ではありません。ネットでよく見かけるやつですね。色々な疾病に罹るリスクを調べるものです。 結果として、リスクの高い疾病は「肝臓ガン」「乳房外パジェット病」「肺気腫」「結核」「片頭痛」「椎間板変性症」「原田病」「副鼻腔炎」「脊柱側弯症」「アレルギー性鼻炎」「精子減少症」 リスクのやや高い疾病は「胆嚢ガン」「肺ガン(扁平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ぼくと魔法の言葉たち」を観て

「自閉症により2歳で言葉を失った少年が家族の愛情とサポートのもと、大好きなディズニーアニメを通じて徐々に言葉を取り戻していった様子をユーモアたっぷりに、そして感動の涙とともに描くドキュメンタリー」という映画です。 緘黙症とは違いますが「言葉を失う」に引き寄せられて見に行きました。自閉症で言葉を失うとはどういう事なのか?ネットで調べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お祈り

突然、思い出したのですが、亡くなった母の病室は二人部屋でした。隣には小学校低学年と思われる男の子がいました。脳腫瘍で何回か手術したとか、状態はあまりおもわしくなかったような記憶があります。 母が糖尿病だったので違う診療科の患者が同室になるのか?記憶違いの可能性もありますが・・・ 病室を片付けて後にする時、その子の母親が目に涙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生まれ変わり

ネット波乗りしていたら、「2歳の娘が独身時代に飼っていたフェレットだったと言い出した。」というのがありました。 突然、「ゆうちゃんねぇ、昔、もふぞうだったの。そしてゆうちゃんになったの。カリカリの餌おいしくなかったわぁ。もふこはかわいかったけど怖かった。あまり一緒に遊ばなかった。」 「もふぞう」と「もふこ」はフェレットの名前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好子(こうし=喜ぶもの)

昨日、BSフジで「異端の出張カウンセラー」という番組をやってました。臨床心理士、奥田健次氏です。自閉症を専門としてるそうです。 自閉症の子供を持つディレクターが実際に出張カウンセリングを依頼するドキュメントです。 自閉症で言葉を発する事の出来ない子供に大好きなお菓子を手に模倣行動の練習をします。出来たらお菓子を上げます。この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

製造中止~ショック~

大杉製薬のモリちくのう錠が製造中止になりました。ショックです。 平成3年に蓄膿症の手術をしてすぐに再発、平成13年に再手術しても思わしくなかった時に出会った薬です。粘膜の腫れはありますが、鼻呼吸が出来るようになったのはこの薬のお蔭です。 漢方の辛夷清肺湯と排膿散及湯を足したような処方で他にはありません。商業ベースに乗らないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声が出ないという事

精神的に声が出ないという事はどういう事なんだろうとネット波乗りしていたら、自律神経失調症から来るケースがあるのを見つけました。直接、緘黙とは関係ないかも知れませんが参考までに。 http://brain-disease.net/dysautonomia/symptom05.html もう一つ、痙攣性発声障害の事を書いたブログ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音声喪失

縁あって時々バザーに協力させて頂いている豊能障害者センターから「わたくしごとですが」というリーフレットが届きました。改めて色々な障害があるのを認識させられます。ご紹介させて頂きます。 『皆さん、こんにちは。専従スタッフのMです。私には呼吸器と音声消失(声が出ない)という障害があります。声が出なくなってからの日常、特に人のコミュニケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医者の薬知らず

先日の風邪で処方されたの薬の中に小青龍湯がありました。気管支炎やアレルギー性鼻炎に効く薬ですが・・・ 水っぽい鼻水が出る場合に効果がある薬なのに「鼻づまりはあるが鼻水はない」と問診で答えたのにこの処方です。 調べてみると最近、この薬の乱用というか、安易に処方するケースが増えているそうです。ステロイド剤のセレスタミンと同じです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more