テーマ:高校時代

佇む・・・

「りかちゃんがわらった」の中の体育や休み時間に集団の近くに一人佇んでいる写真で思い出した事があります。 高校の体育の時間、教師に用事があるという事で自習になりました。サッカー、バスケ、バドミントンなど数種目のボールが用意されてました。 私はバドミントンがやりたかったので真っ先にラケットを握り締め、スイングをしながら無言のアピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄せ書き

「忍の一字は衆妙の門」高校の卒業アルバムの寄せ書きに私が書いた言葉です。 小中学校の寄せ書きは直接その子の所に行ってもらったのですが、高校の時は予め書いたものをアルバムの巻末に印刷してあるものでした。小学校の時は無言でアルバムを差し出しサインをもらいました。6年の時は喋らないながらもかなりクラスに溶け込んでいてリラックスしていたよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒業アルバム

「これどうする?こっちで保管しとくか?」押入を整理していた父から訊かれた。 何かと思えば、高校の卒業アルバムでした。手にするのは卒業した日以来です。押入の奥にあったようです。 時代を感じさせるのは住所、電話番号がすべて書かれている事です。個人情報保護法なんて無かった時代ですね。それを悪用する奴はほとんどいなかったんでしょう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校時代~からかい~

ふと高校時代の同級生の名前を五十音順に書き出してみました。確か44人だったと思いますが、思い出せたのは28人だけでした。逆に同級生の記憶の中に私はいないかも知れないですね。実際、小中学校と同じ学校で何回か同じクラスになった事のある奴に大学時代に逢って「お前うちの学校にいたっけ?」と言われたくらいですからね。 高校3年間、同じメンバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校時代~寒稽古~

私の通った高校は柔道か剣道が必修科目でした。私は柔道を選びました。授業の他に自由参加の寒稽古がありました。武士の「士」に因んで11日間、毎年行われました。 3年間休まず通い、皆勤賞を頂きました。 家から駅まで街灯もほとんど無い真っ暗闇の中、歩いて行きました。始発に近い時間だったと思います。途中に神社があり、そこを通るのが怖くて顔を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出会いの季節

朝テレビを付けると「今日から4月、出会いの季節でもあります。」という声が聞こえてきた。 出会い・・・入学、入社新しい人間関係ができる季節。緘黙の人にとってはチャンス。 忘れたくても絶対に忘れる事ができない記憶・・・高校の入学式を終えて教室で今後の高校生活での諸注意を聞いた後、教室を後にした。教室では目を皿のようにして耳をダン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校時代~修学旅行~

明日は長崎に原爆が落とされた日、一昨日は広島に原爆が落とされた日、戦争があった事すら遠い昔の話になってしまっている。何年前だろうか?ラジオだと思うが・・・どこかの大学教授が電車の吊革に掴まっていると前に座っている大学生らしき2人が話をしていたという。 「お前さぁ、日本とアメリカが昔、戦争したの知ってる?」「うそ~マジー?」 教授は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校時代~七夕祭り~

今日は七夕。私が子供時代を過ごした市では七夕が8月7日でその前後にお祭りがありました。高校の時、中学の友人が突然、久し振りに私の家に遊びにやって来ました。当時、私は麻雀、将棋、野球に没頭してましたが、その子はそのいずれもやらなかったので中学時代ほど遊ぶ事はなくなっていました。そして帰り際に今度の七夕祭りに一緒に行こう!と言い出し、当日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校時代~マラソン大会で~

高校2年の時だったと思うが、多摩湖一周マラソン大会(10Km)があった。タイムは1時間を切った記憶があるが、順位は後ろの方だった。後半になって、疲れて途中何回か歩いた。その歩いている私の背中をポンポンと軽く叩いて抜き去っていった奴がいた。顔を上げると同じクラスの子だった。「頑張れよ!あと少しだ!」と私は受け取った。それで力を得た私はすぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学時代の担任による評価

高校入学してまもなく中学の担任より呼び出しがあった。行ってみると高校の担任に渡してくれと封筒を差し出された。一体何の書類なんだろう?不安になり、同級生に聞きまわったが、誰もそんなものは受け取ってなかった。なぜ私だけ?不安が心に広がった。 両親に聞いてみるが見当が付かないという。そんなに気になるなら蒸気を当てて開封してみればいいだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校時代~家では喋るんだろう?~

高校生の時、担任との個人面談で「お前は家では喋るんだろう?」と突然言われた事がある。その担任は公立高校を定年まで勤め上げて私の高校に来たベテランだった。 恐らく何人もの緘黙症の生徒と遭遇していたのだろう。緘黙症への無理解で「家で喋るなら学校でも喋れよ!」という意味なのか、「俺には全て判ってるんだぞ!」とでも言いたかったのか、真意は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校時代~緘黙の同級生と交わした言葉~

以前にも書いたが、高校のクラスに私の他に2人の緘黙症の子がいた。一人はかなり重症で死んだような目をして無表情で動きがロボットのようだった。もう一人はすごい女性っぽい子(性同一性障害かも?)でそれが原因でイジメられて緘黙になったのか、厳密にいうと場面緘黙症ではなく、トラウマによる緘黙状態だったのかも知れない。 私は自分の姿を増幅して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校時代~大学受験、そして浪人~

受験勉強はあまりしなかった。相変わらず自分の好きな興味のある勉強をしていた。尋常高等小学校しか出てなく苦労した父は学歴に強いこだわりを持っていた。東京六大学以外は行かせない、と公言していた。 仕方なく無理と判りながらも明治大学法学部だけを受けた。受験料1万円、もったいない!ポーズだけの受験だった。浪人生活が始まった。だが相変わらず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校時代~筋トレ開始~

その本は大山総裁の武勇伝であった。心が躍り、大山総裁の様になりたい、少しでも近付きたい、と強く心に刻まれた。何かが私の心の中で動き出した。そして強い意志が芽生えた。 何事にも消極的で自ら動く事のなかった私が翌日、体を鍛え始めた。腕立て伏せを始めた。たった20回しか出来なかった。 だが1年後には1000回を超えていた。その他、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校時代~人生を変えた本との出会い~

高校生の時に後の人生を変える一冊の本との出会いがあった。場面緘黙症だった私はその独りぼっちの時間を埋めるべく、読書好きになっていた。普通の書店はもちろん、古本屋にも頻繁に出入りしていた。そんな高2の秋、学校帰りの私はいつものように駅近くの書店に入った。 「ケンカ空手 世界に勝つ」という本が目に入った。 極真空手の創始者 大山倍達総…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校時代~読書と麻雀~

高2の頃、麻雀を覚えた。それまでは野球、将棋が中学時代の友達との遊びのメインだった。毎週の様に日曜日は私の家で麻雀をやっていた。それまでもポーカーなどのカードゲームで少額を賭けた事はあったが、本格的な?ギャンブル人生の始まりだったような気がする。いずれ書くつもりだが、実は社会人になってからギャンブル依存症になり、多額の借金を背負って苦し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校時代~同じ緘黙が私の他に2人も~

こうして2回目の緘黙生活が始まった訳だが、入学してしばらくすると驚くべき事に気付いた。私のクラスには私の他に2人の場面緘黙症の子がいたのだ。緘黙症の出現率はアメリカの調査では7/1000人、そのうち女の子は男の子の1.5~2倍とされている。 一人の子はちょっと女性っぽい子でそれが原因で緘黙症になったのかも知れない。ただ、顔がこわば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校時代~入学式・・・話しかけてくれたのに~

入学式には父が来た。その他はあまり記憶にない。集合写真を取った覚えだけがある。初めて教室に全員集合した日、これからの学校生活の説明などをして午前中で終わった。私だけでなく皆、緊張で会話とかはなく解散となった。 父は既に帰っていた。独りで校門を出ようとした時に誰かが話しかけてきた。「どこから来てるの?」振り向くと私の後ろの席の子だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more