卑弥呼は緘黙?

邪馬台国の女王、卑弥呼(ひみこ)は、鬼道という占いのような事を宮殿の奥に閉じ籠ってやっていたようです。 卑弥呼の顔を見た者はなく、占いの結果は弟が民衆に伝えていたのだとか。 弟とだけ話せる緘黙?そう思いたいのは私だけでしょうか? 因みに卑弥呼は実在しなかったという説や卑弥呼と天照大神が同一人物であるという説など、諸説入り乱れてます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神交互作用

テレビで広場恐怖症のプロ野球N選手の事をやってました。電車やバスなどに乗ると動悸などがして遠征に支障が出ています。 奥さんとの二人三脚の闘病生活が紹介されていましたが・・・ 医師の指示でしょうか?発作の出てない時も頻繁に脈を測ってました。 逆効果だと思います。脈に意識が集中してしまいます。パニック発作では発作に意識が集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お久しぶりです。

前記事から1ヶ月以上経過してしまいました。まだ生きてますよ! 前記事に書いた症状が消えたと思ったら、今度は献血時の血液検査でアルブミン低下と血小板増加で基準値から外れてしまいました。2回連続異常値でした。 アルブミンは結構大事ですね。肝臓疾患や腎臓疾患、栄養不足などが原因で下がるようですが、他の検査結果からは肝臓病の可能性は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇病?

10日程、謎の症状に悩まされました。毎日、夕方から夜になると発熱、筋肉の痛みが起きました。それに加えて、ふくらはぎや足の裏がつったりしました。熱は37.8~38.5度くらいです。 ただ、翌朝起きると何の問題もなく、元気に仕事に行ったりしてました。ところがその夜にまた発熱、その繰り返しでした。発熱自体は風邪と同じ感じですが、喉の痛み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドキュメンタリー『見えない壁・・・』を見て

前回、この番組の紹介記事を書いて録画をしたおいたのですが・・・体調不良でなかなか見られず、時間が経ってしまいました。 この番組は、阿部ひかりさん(仮名23歳)が同じ吃音に悩む人の為の就労支援の活動を追跡したものです。 阿部さんは電話応対に悩んで会社を辞めます。そして福岡から名古屋に引っ越します。 吃音者の為の就労支援を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・ドキュメンタリー『見えない壁、糸口を求めて』

今日の深夜、と言うか明日の早朝31日午前3時45分~4時15分にテレビ東京で放送される番組です。首都圏に限定されてしまいますが・・・ 番組の説明には『言葉が詰まる障害「吃音」国内では約100万人が悩んでいる。立ちはだかる就職の壁。社会を変える糸口を求めて・・・奔走する女性の200日を追った。』 吃音を緘黙症と置き換えても違和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生き様

『生き様というのはよく判らないですけど、生き方と考えるなら、人より頑張る事なんてとても出来ないんですよね。あくまでも測りは自分の中にある。それで自分なりにその測りを使いながら、自分の限界を見ながらちょっと超えていくという事を繰り返していく。そうするといつの間にかこんな自分になっているんだという状態になって。』 『だから少しずつの積…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挨拶をしなくていい世の中

挨拶という言葉を聞くと緘黙症の人は心穏やかではいられないのではないでしょうか? 犯罪が起こると加害者、被害者の区別なく、「あの人は会えばきちんと挨拶をする良い人」「挨拶をしない変な人」のように人間性を測る物差しにすらなってます。 時の流れは恐ろしいもので、挨拶が出来なかった私ですら「アイツはきちんと挨拶が出来ないからダメだ!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何でも病気?

先日の「ほんまでっか!」で女優の永野芽郁さんが「人生の楽しみが見つけられない、今やっている事が将来に繋がるのだろうか?趣味がない、一人が楽」なんていう悩みを相談してました。 「今が絶頂期だから不安になる」「恋愛すれば変わる」「ライバルを作る(永野さんはライバルはいないと発言)」などと先生方が回答してましたが・・・ その中で脳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無言の帝王

高校時代のクラスに私の他に緘黙の子が2人いた事は以前書きましたが、3年間クラス替えもなかったにも拘わらず、ほとんど関わる事なく3年間過ごしました。 その2人が卒業アルバムの寄せ書きに何を書いたのか、ふと気になりました。 緘黙を象徴するかのように3人共に他の人の間に申し訳なさそうに小さい字で書いてあってなかなか見つけられません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燃えるゴミ

ようやく燃えるゴミを捨てる事が出来ました。大きい袋が10個も。 家の脇に置いておいたので一部がカラスに突っつかれたのか破けてました。料理はしはないので生ゴミはほとんどないんですけど。 前回は燃えないゴミが捨てられなくて困りましたが、今回は燃えるゴミの日、火曜日、金曜日がものの見事に勤務シフトで塞がりました。実に40日分のゴミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく一段落

49日法要、納骨を済ませました。まだまだ色々と手続きがありますが、対外的なものはこれで終わり、取り敢えず一段落です。理屈の上では、これで父は極楽浄土へ旅立った事になります。 父の骨壺は母と義兄の骨壺と一緒に並べられました。本来なら土に返してもらいたいところです。 霊園では最近、樹木葬を始めたらしく、看板が立っていました。墓標…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸籍から見えてくるもの

相続の手続きには亡くなった人が生まれてから亡くなるまでの戸籍が必要となります。相続の権利者を確定する為です。 今の戸籍に載っていなくても過去に結婚した事があって子供がいる場合とか、子供を認知しているとかはその子供にも相続の権利が生じるからです。 その為に戸籍を遡らなければなりません。普通の戸籍謄本ではなく、改正原戸籍謄本を役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抑圧

遺品整理は完了しました。結果的に父の物は時計などの形見以外は全て廃棄しました。 父の遺品は仕事関係の物と衣料品がほとんどです。戦前生まれの父は「もったいない」が前提にあり、タオルなども穴が少し開いたり、汚れが付いたままでも使い続けてました。 衣料品は未開封の下着やズボンが大量にありました。安いと買ってしまうようです。未開封の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

興味ないよな~

このブログを始めた時に数人の人には伝えておいたのだが・・・ それが人生初めての緘黙症のカミングアウトとも言えます。当初はメールを頂いたりしましたが、今は多分、いや絶対に読んでないでしょうね。 父の件でお悔やみのメールもありませんし、ありがたい事ですが、普通に義理チョコが届いたり、読んでないのは間違いないでしょう。始めて3年く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何とも不可解な・・・

父が亡くなってから色々な手続きがあって大変です。役所に死亡届を出して終わりではありません。年金、健保などそれぞれ別々の所に書類を提出したりしなければなりません。 そんなこんなで疲れているところに先日、損保会社から車の保険料を今月末に引き落とししますとの通知が来ました。車は昨年11月頃に売却したはずだが?損保会社に連絡を取り、既に廃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ジロがなく」を読んで

山下賢二さんと同姓同名の山下ケンジさんの絵本です。 ジロという犬が主人公です。ジロはカラスに育てられた犬です。 旅に出たジロは同じ犬仲間からイジメられ、どこへ行っても追い出されます。 それが声のせいだと気付き、やがてジロは鳴かない犬になりました。 ケンカやどんな事があっても鳴かないジロはやがて強い犬だと一目置かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困りましたね。

「激レアさん」見ました。 山下さん、ゲストにいきなり「目がちょっとね・・・無気味。何を考えてるかわからない」なんて言われてましたね。私も「何を考えてるかわからない」と社会人になってから言われた事があります。 私の感覚では、佇まいは緘黙症の雰囲気を漂わせていました。あくまでも私の感覚ですけど・・・ きっかけが幼稚園の自己…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一人の「やましたけんじ」さん

仲間が声を聞いた事のない、決して鳴かないジロという犬の事が描かれている絵本があるそうです。緘黙症の犬? 「ジロがなく」 絵本作家の山下ケンジさんの作です。 あの「やましたくんはしゃべらない」の山下賢二さんとは同姓同名の別人です。 創作らしいのですが、なぜそのテーマを選んだのでしょうか? 実はまだ読んでません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more