懺悔

「イジメた人間は忘れるがイジメられた人間は忘れない」まさにその通りですね。

小学生の時にHさんという女の子がいました。目の下にただれのような痕がありました。確か、あせもが原因だったと言っていたような気がします。

男子はそれをネタにからかっていました。絵に書いたり、気持ち悪いと言ったり、「オェー」と吐くマネをしたり。

喋れない私もそれに参加してたんですね。同じように絵に書いたり、「オェー」ポーズをしてました。ジェスチャーでコミュニケーションを取っていた頃です。かなりリラックスをしていたようですから5、6年でしょうか?

同じ班になった時にひとりの女の子が「Hさん、何で臭いの?洗濯してる?何の洗剤使っているの?」と追及し始めました。Hさんは洗剤名などを答えてました。私は自分の事を棚に上げて「何て酷い事を言うんだ!」と思いました。

私が知らないだけで女の子からもイジメを受けていたのかも知れません。

女の子が容姿の事でイジメられるのは言葉にならないほど、とても辛い事だと思います。毎日どんな気持ちで通学してたのでしょうか?

子供だから・・・で許される事ではありません。

それに加担していた事はとても恥ずかしい事です。何よりそれを同級生のブログを見ていて、ようやく思い出した事です。

イジメた人間はすぐに忘れてしまいます。何事もなかったかのように。同級生のブログにその事は書いてありませんが、『懺悔』という記事に中に「あの時の私の無神経な言葉は、あの人を傷つけ、その傷ついた心は、いまもそのままかもしれない。」とありました。だから同じタイトルで書きました。

Hさんがその頃の事を遠い過去のものとして、今は幸せになっていて欲しい・・・

ここに書いても仕方ないけど・・・Hさん、本当にごめんなさい!

この記事へのコメント

カツピコリン
2016年11月25日 21:03
ちびびさん、コメントありがとうございます。申し訳ありません、誤って削除してしまいました。再度コメント頂ければと思います。

私がこの記事を書く事で自分を許している。イジメられた人間はそんな事で許せない。そういう趣旨だと思いますが、許すとか、許さないではなく、そういう事実があった事、それを悔いている事を書いただけです。

ちびびさんの言いたい事がこの記事の主張となってると思いますが・・・
ちびび
2016年11月25日 21:15
最期の文章でHさん、本当にごめんなさいって・・・

書いた事で自分を許しているんですよね。私は小中でずっとイジメられてましていつも一人泣いていました。
そんな言葉で許される?イジメた人には私の小中の時間を返してと言いたい。

長い時間でした。イジメをした人にはわからないと思います。

※メールより復元しました。20:27に受信してます。(カツピコリン)






ちびび
2016年11月26日 11:29
カッピコリンさん、
コメントありがとうございます。
小中の間に人との関わりが無かったので高校から人生勉強が始まりました、運動部に入ったので実力の世界。
頑張れば認めてもらえる事に喜びを持ちました。
死ねば楽になるとか考えていたのが無くなっていましたが、もっと早くから取り組めればと12年間のロスタイムが悔しいです。
今でも人がコソコソ話していると自分の事ではと思うのは治りませんね。
私の話を聞いてくださってありがとうございます。
カツピコリン
2016年11月26日 12:40
ちぴびさん、再度コメントありがとうございます。私のイジメの記事には「厳しい意見」が多いですね。依然、ある方がコメント欄ではなく、その方のブログで意見を書かれていた事もありました。

私がHさんの事を思い出すのは時々です。でもHさんはフラッシュバックのように毎日思い出しているかも知れません。その差はとても大きいです。埋めようもありません。

怖いのは私のように学校で喋れなくて、被害者になりやすい立場であっても加害者になり得るという事です。だいぶ時間が経ってしまい、その頃の自分の心境は思い出せません。

周りに受け入れられたくて、加わっていたのかも知れません。

どちらにしてもここで謝罪したところで「自己満足・自己完結」でしかありません。ご指摘ありがとうございます。