超せっかちさん

同僚に超せっかちな人がいます。夕方外灯を点けなければならないのですが、それが気になって仕方ないのか、15時くらいに点けてしまいます。夏場などは点灯してるかどうか判らないくらいの明るさなのにです。

それと同時に翌日の準備も始めます。おまけに「この来館者は4トン車3台で来る。明日は来館者が多いから駐車場に停められるかな?」と心配してます。

それはその時点で考えればいいし、そもそも明日の勤務者と交代した後の時間帯です。当日勤務者に任せればいいだけなんです。無責任な丸投げとは全く違います。

とにかく先に先にとやるので、いい意味では「痒いところに手が届く」状態になる時もありますが、大抵は引っ掻き回してしまう結果になり、問題を大きくしてしまいます。

外灯の件はやんわりと示唆するように言って改善しましたが、基本的には自覚がないので大変です。

新たに立ち上げた別業務でも、立ち上げの段階でああでもない、こうでもないと引っ掻き回してしまい、それでマニュアルが作られてしまったので支障が出てます。例えば10時に来館予定の人が数分前に来館しても受付出来ないというバカな規則が出来てしまいました。例え1分前でも受付出来ません。

「予定の20分前に来館した人の受付したらマズイですよね?」こんな質問をユーザーにしてしまったからです。ユーザーとしてもそう聞かれれば、受付してもいいと言える訳がありません。

例えば、「制限時速30kmの道路を40kmで走っちゃマズイですよね?」そう聞かれて制限時速オーバーしてもいいと答える人はいません。でも、実際には車の流れがありますから、30kmで走ってる車などありません。変な言い方になりますが、正論なんだけど間違っています。

また、何かトラブルがあると、自分がした事となぜそうしたか、を何回も説明します。誰も責めてないのにです。だから逆効果で言い訳をしているように聞こえてしまいます。

先日はセキュリティセンサーが以前より調子悪いドアがあり、アラームが出て、私が確認に行ったのですが・・・

そのドアは今までも時間が経てば自動的にセキュリティが掛かるので、私が別の所を巡回した後に再度確認する旨伝えたのですが、待つ事が出来ずにすぐに自分で行ってドアを開けたり閉めたりしてしまい、結局セキュリティが掛かるのに時間が掛かってしまいました。ドアを閉めてから時間差でセキュリティが掛かるので、1度開けたらまた最初から時間が掛かります。

しかも、夜間だった為に既に帰宅しているビル管理責任者、設備責任者にまで電話してしまい、その電話中にセキュリティが復旧するという失態を犯してしまいました。

5分10分待つ余裕があれば、「また、いつもの不具合が出た」で終わっていたはずでなのですが。

必ずしも「積極的行動」が是とは限りません。時には待つ事、様子見も必要だと思います。

前の会社にも同じような人がいました。パソコンの不具合が出て、業者に電話で指示を受けながら復旧作業をやってると、3分おき位に「直ったか?」と電話してくる上司がいましたけど、その都度、私が電話に出て、状況説明をしなければならず、結局無駄に時間を掛ける事になりました。

この上司は後にうつ病を発症して辞めてしまいました。私も以前は同じようなタイプだったので笑えませんね。

「待つ」事は勇気が要ります。ドアのケースで言えば、直るか直らないか、その間ずっと不安と向き合わなければなりません。心配性なら尚更です。

だから動いてしまいます。「どうしよう?どうしよう!」で頭が一杯になってしまうのでしょう。

溺れそうになった時にもがくと身体が沈んでしまいます。天に身を任せ、身体の力を抜けば、浮いて助かります。

私はパニック障害を克服した事により、これに気付かされました。ホント転機になりました。偶然の「開き直り」が道を開いてくれました。

心配してもしなくても「なるようにしかならない!」んですね。それなら「どうにでもなれ!」です。

同僚の言動を見ながら、改めて気付かされました。

この記事へのコメント