人間はしょせん、弱いもの

オリックスを自由契約になった金子千尋選手が日ハムに入団が決まり、記者会見をしました。会見の席上、「千尋」を「弌大」と登録名を変更したと発表しました。読み方は同じ「ちひろ」です。 入団2年目からお世話になっている風水の先生に見てもらったのだとか。プロ野球選手が登録名を変えるのはよくある事です。ケガなどで不本意だったシーズンから名前を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつまで苦しまなきゃならないのだろう?

一昨日の読売新聞の人生相談コーナー(人生案内)に70代アルバイト男性からの相談がありました。 『人の輪がずっと苦手』 会社の忘年会では一人ぼつんと・・・法事ではお酌しに行っても何を喋っていいのか判らず、もじもじ・・・ 妻に相談すると「あなたは人嫌いでわがままなのよ」と言われる。 思えば、修学旅行でも、どこか周囲と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の事は自分で決める!

父が私の事を案じて、家の土地価格を知り合いに調べさせていたのは、前のブログに書きましたが・・・ 近所の人に「俺が死んだら息子はマンションでも買ってこの家は出て行く」と話していた事や不動産屋に具体的に売却するかのような話までしていたのが判り、さすがに腹立たしく諌めておきました。 色々と考えているがまだ何も決めてないし、一人にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張るよ・・・

昨日、父の見舞いに行きました。顔が土気色で入院前より、かなり悪化しているようでした。何回も嘔吐したとか・・・ 薬をなかなか持って来なかったりでイラついて看護婦と小さなバトルがあったそうです。 病院だからすぐに薬が処方されると思ったら大間違いですね。「薬は医師の処方箋がなければ出せない」んですね。鎮痛剤や胃薬といった重篤な副作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近況

自宅療養していた父が今日再度入院する事になりました。 ここのところは食欲がなくなり、何か食べるとすぐに吐いてしまう状態でした。制吐剤も全く効果なく、時々点滴をしてましたが、衰弱していくばかりでした。 吐いている時に背中を擦ってあげたのですが、父には背中には背骨しかありませんでした。 最期の入院になりそうです。今日は亡く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無・・・

森田療法の本に治療事例として20歳の赤面恐怖症の患者が出て来るのですが、赤面恐怖症以外の症状として「精神刺激性、頭重、精神の朦朧感、多夢、注意散漫、記憶力減退、目には彩塵、残像のある事を苦しむ」とあります。 赤面恐怖に心のほとんどが奪われているのだから、注意力散漫や記憶力減退などは何の不思議もありませんが、「目には彩塵、残像のある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「やましたくんはしゃべらない」を読んで

山下賢二著、岩崎書店刊の児童向けの絵本です。「こんな子きらいかな?」の3部シリーズの(3)となってます。このシリーズは『嫌われそうな子どもたちを「排除」「矯正」するのではなく、どう受け入れるか考えるきっかけにしてほしいと願って立ち上げた企画』だそうです。 「ガケ書房の頃」の内容を絵本に変えたものです。やましたくんの顔は緘黙児そのも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身体中心反復行動

「ホンマでっかTVで俳優の野村周平さんが「爪噛み、いびき、歯ぎしり」が悩みだと言ってました。噛みすぎで血が出る事もあると・・・爪は全て噛み切るので自宅には爪切りがないそうです。 深爪の指を見せてましたが、私と同じ指をしていました。私の場合は爪噛みではなく、指噛み(皮むしり)ですけど。今でも時々出ます。子供の頃にはタコになっていた時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筆談で事情聴取・・・(2)

「人と話すのが恐い」そう供述しているそうです。 ネット上では、想像通りに知的障害だ、発達障害だ、自閉症だ、コミ障だと言葉を並べて暇人が匿名でコメント出してますね。 場面緘黙症は出てこないのか? どうせコメントするなら少しは勉強して、場面緘黙症くらい知った上でコメントして欲しいものです。この男性が場面緘黙症かどうかは別に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筆談で事情聴取・・・

横浜で母親の遺体を自宅に放置した疑いで、49歳の男性が逮捕されました。 約40年間、引きこもりの状態で 「他人とほとんど会話が出来ず、取り調べは筆談で行われている」そうです。 とても気になります。犯罪というより、母親の死を周りに伝えられなかったんだと思います。もしかしたら、母親が病気で苦しんでいるのに救急車を呼べなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ガケ書房の頃」を読んで

先日、紹介した本です。図書館で借りました。本が届くまでの間、この山下氏とは何者なのか?検索してみました。書店主である事に間違いはないのですが・・・本や書店に対する独特の感性を持っている人で、その世界では知る人ぞ知る有名人のようです。 有名人が緘黙症だったという事にどこか高揚感が涌き出るのは私だけでしょうか? さて、緘黙症のエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚しいね・・・

父は一昨日退院しました。今後は自宅で介護という事で介護用ベッドを入れるとかなり狭くなるのでタンスを整理し、廃棄する事になりましたが・・・ 父は生来の貧乏性なのか、物をなかなか捨てられません。結局、1割ほどしか捨てられず、タンスの物を押入れに詰め替えただけで終わりました。私に言わせれば9割の物が不要でした。 捨てた物の中にはス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び18年振り

先日、父の病室で18年振りに今度は父方の叔父(父の弟)といとこに会い、会話しました。 正確には挨拶をして、質問に答えただけですけど。「おっ、珍しいね!」 この叔父には男の子供がいなくて、そのせいか私は可愛がられてました。母方の叔父といい、よくしてもらっていたのに不義理ばかりです。不義理の私です。そんな歌があったような・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緘黙本

『ガケ書房の頃』(山下賢二著・夏葉社刊)の中の「初めて人前で話したこと」に緘黙経験が書かれているようです。 また、同じ著者の『やましたくんはしゃべらない』という絵本も近刊の予定のようです。(追記 11月10日発売予定) 「ラジオのように」というブログから情報を得ました。ありがとうございます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・近況

父の状態ですが、肝臓とリンパ節への転移が認められました。胃の方は鎮痛剤の副作用という診断でした。本当かな? 今後は日を追う毎に何かしらの問題が発生するとの事でした。 介護の認定を受けてから自宅で緩和ケアの予定ですが、頑固じいさんなのでまたひと悶着ありました。前回は葬儀の準備を事前に取り決めておこうと、父の依頼で葬儀社に話し合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近況

一昨日、父は入院しました。緩和ケア病棟です。その数日前から食欲がない、胃が痛いと訴えていて、病院へ行ったら即入院でした。 ガンが胃に転移した可能性があります。検査結果はまだ聞いてませんが、1週間ほどの入院、その後は在宅でのケアという話です。でも本当に家に戻れるか判りません。 見舞いに行ったらすこぶる元気でした。点滴で回復した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知の歪み?

沢田研二さんのコンサート中止騒動でふと「認知の歪み」という言葉が浮かびました。 「も」と「しか」です。このコンサートには7千人が集まったとか。「7千人も」なのか「7千人しか」なのか、捉え方次第ですね。 恐らく沢田さん側は客が入ろうが、入るまいがギャラは頂ける契約だったのでしょう。そこに満席でなければやらないよ、という事前の契…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あり得ない!

先日、家に帰ると銀行からの封書が届いてました。 警察署に拾得物としてキャッシュカードが届いているとの通知でした。拾得者→警察署→銀行→私、の流れのようです。落とした事に全く気付いていませんでした。 翌日、警察署に行き、受け取りました。 しかし、拾った場所を聞くと銀行の中というではないですか!しかも平日の昼間。普通は銀行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喘息か?

ここ2週間ほど、咳が続いています。発作的に出て、かなり咳き込み、時には嘔吐も。しかも駅の階段などを上る時に息切れが激しい状態です。咳以外の症状はなく、風邪ではないと自己診断してました。 さすがに経過観察や市販薬での対応の段階ではないと思い、昨日病院へ行きました。本来は呼吸器科や呼吸器内科を受診すべきなんですが、勤務の関係、病院のロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

18年振り

先日、叔父(母の弟)夫婦と18年振りに会話をしました。父のお見舞いに来てくれました。義兄(姉の夫)の葬儀以来です。 この叔父夫婦には子供がいないせいか、私は色々と可愛がって頂きました。私は親戚と話すのも苦手なので、この葬儀以降は冠婚葬祭がないのをいい事に新年の挨拶などは逃げていたのでこんな長い歳月が流れてしまいました。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more